レディー

経理事務に就職するなら日商簿記1級|独学でも資格が取れる

通信教育での学習

勉強

集中して学びました

簿記2級の試験は、簿記3級に加えて、工業簿記と呼ばれる分野が追加されたものになります。慣れてくれば難しいものではありませんが、2級にない用語なども多く出てくるため初見ではなかなか理解するのが大変でしょう。もし時間や日程に余裕があれば、最初は簿記3級からの受験がおすすめとされています。3級は独学でも十分に合格を狙うことができます。普段全く勉強をしていない方にも、独学の練習材料として、ぴったりであると思われます。合格に必要な日数は、3か月もあれば大丈夫です。簿記の世界への入門として、まずは簿記3級に合格してから、簿記2級に挑戦すると良いでしょう。簿記の試験は1年間に3回行われます。一般的には2月・6月・11月です。詳しい日程は商工会議所のホームページで確認しましょう。

通信教育での勉強

簿記2級の合格に向けては、独学でテキストを購入して勉強する方法もありますが、通信教育での勉強も有効的です。私が簿記2級に向けて勉強をしていたのは社会人になってからですが、1日に数分間でも、集中して勉強に取り組む癖をつけるようにしました。1日に1ページだけ、という日も何日かはありましたが、全く勉強しない日を作らないように努めていました。通信教育の利点は、何回か添削試験があったことです。昔ながらに封筒に解答用紙を入れて送るというやり方でした。一人だけの戦いになりがちな独学にあって、他者の指導を受けられるという点は、勉強を飽きさせないものになっていました。私も試験日が近づいてくると、実際の試験を受けているつもりで、本番さながらに集中して取り組みました。結果としては合格できたので、通信教育での勉強で良かったと思っています。

Copyright© 2016 経理事務に就職するなら日商簿記1級|独学でも資格が取れる All Rights Reserved.